頻尿かもと悩んでるなら膣のゆるみが原因かも|対策して改善しよう

婦人

トレーニングで引き締める

膣のゆるみは出産をした女性ならよくありがちな症状です。ゆるみを気にしている女性も沢山います。しかし、膣のゆるみは骨盤底筋トレーニングをすれば治ります。簡単なトレーニングですが、骨盤底筋をしっかり動かすことが大切です。

頻尿が多い女性は注意

ヒップ

何で尿が漏れるのか

年齢を重ねて、30代、40代となりますと、膣のゆるみが気になるという人も多いのではないでしょうか。一見して膣がゆるんでも何も身体に影響がなさそうに思えますが、実はそんな事はありません。膣のゆるみは、骨盤底筋群がゆるんでいることを指しますので、頻尿の原因になります。最近、重い荷物を持つために力を入れると、何故か尿が漏れてしまうと言う人は、まさに骨盤底筋群がゆるんでいると言えるでしょう。骨盤底筋群は、子宮や膀胱など、内臓を支えている筋肉です。このゆるみは、加齢だけが原因ではなく、妊娠出産や脂性の悪さなども挙げられます。あまりにも酷い場合には、一度病院に行って検査を受けるべきですが、少し程度であれば、誰でも出来る体操を生活に取り入れれば、対策を打つ事が出来ますので、是非始めてみましょう。

自宅でも外出先でも出来る

膣のゆるみが気になる人は、骨盤底筋体操が大変おすすめです。体操の方法は色々ありますので、自宅でも外出先でも、時間のある時に気軽に行う事が出来ます。基本は膣を締めて、ゆるめるという動きを早く5回繰り返します。そして、その後に閉めたままを5秒キープするのを5回行います。これが1セットになり、1日に最低でも10セットは行うようにしましょう。仰向けの姿勢は最もリラックスした状態で行う事が出来ますので、寝る前などにやってみましょう。仕事中では、机にもたれた姿勢で行いましょう。また、椅子に座った状態でも行う事が出来ます。仕事で一息ついた時に、この時間であれば体操できるかもしれないと感じましたら、是非積極的に行ってみましょう。そうすれば、膣のゆるみも改善する事が出来るでしょう。

お尻

女性の悩みの解消

膣のゆるみは女性特有の悩みであり、尿漏れや尿失禁など症状が軽い場合には簡単なトレーニングで改善する事が出来ます。しかし、子宮脱や膣下垂など、医療機関で治療を受ける必要がある症状が見られる場合もあるので、おかしいと思ったら早めに医師に相談をするようにしましょう。

困る女性

骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋トレーニングは膣のゆるみを解消するトレーニングです。出産、加齢、肥満などが原因で骨盤底筋が劣化すると膣のゆるみに繋がります。ゆるみを放っておくと尿漏れの原因にもなるので、早めに改善することが大切です。